除毛クリームのメリットを解説!デメリットも併せて紹介
2022.09.28

除毛クリームは簡単にムダ毛処理ができるので、多くの人が利用した経験があるのではないでしょうか。

しかし、この除毛クリームも使用方法を間違えると、肌にダメージを与えてしまいます。そこで今回は、除毛クリームを利用するメリットとデメリットについて解説します。

除毛クリームの仕組み

除毛クリームは、塗ったところのたんぱく質を溶かしムダ毛処理する方法です。
ただし、脱毛ではないのでムダ毛の根元まで効果があるわけではなく一定期間経過すれば、再び生えてきます。

そのため、肌の「すべすべ・サラサラ」感は、それほど長く持ちません。
しかしシェーバーで処理するのとは違い、カミソリのように誤って肌を切ってしまうということもないので、比較的安全で簡単に使用できることから定番の除毛法です。

クリームを塗ってから10分から15分という短時間で除毛できるため、忙しい人でも手軽にできるところが注目を集めています。
そのため、除毛クリームさえあればエステ脱毛に行く時間がない人でも自宅で簡単にできるのが特徴です。

除毛クリームを使うメリット

除毛クリームを使うメリットは、次の3つです。

除毛クリームを使うメリット

  • 肌に優しい
  • 使い方が誰にでも簡単
  • 除毛したい場所にだけ使用できる

除毛クリームは、誰にでも簡単に使用できるものが多く、最近では肌に優しい成分も含まれています。
一定期間をあけて、継続的に使用する場合もあるので、どうしてもコストを重視するあまり低価格なものを選びがちです。

しかし、肌のことを考えて価格よりも含まれている成分を確認して選ぶことをおすすめします。
また「今日はこの部分だけ」といった気になる部分にピンポイントで使用できるのも多くの人に選ばれている理由です。

除毛用シェーバーを使用すると「カミソリまけ」や「肌を切ってしまう」といった危険性もあり、結果的に後悔してしまう場合もあります。

また、除毛用シェーバーは思わぬところにシェーバーを動かしてしまう危険性もあります。
このような、除毛シェーバーによるデメリットも除毛クリームなら心配いりません。

そのほか、ニオイ控えめの除毛クリームもあります。
ニオイ控えめの除毛クリームは、使用中の除毛クリーム独特のニオイをおさえる効果と、待ち時間でのリラックス効果が期待できます。

除毛クリームを使うデメリット

手軽に使え安全性も比較的高い除毛クリームですが、メリットだけではありません。
当然デメリットもあるので使用には注意が必要です。そのデメリットは次の3つです。

除毛クリームを使うデメリット

  • 事前のパッチテストが必要
  • 肌を痛めることがある
  • 説明書を読まなければならない
  • 一定期間開けなければ、同じ部分の除毛処理ができない

例えば、「私は肌が弱い」「敏感肌だ」と自覚している方であれば必ずパッチテストをします。
とはいえ「自分は肌が強いから大丈夫」と過信している方はパッチテストを怠りがちです。

除毛クリームは直接肌につけるものなので、面倒でも必ずパッチテストは必要です。

また、パッチテストを行ってもその日の体調によっては肌を痛めてしまうことがあります。
使い慣れている除毛クリームでも、毎回使用前には必ずパッチテストを実施するのをおすすめします。
そのほか、購入前にパッケージに記載されている注意事項や使用方法、購入後パッケージの中に同封されている使用方法の説明書は必ず確認しましょう。

パッケージに記載できるスペースが限られているため、最重要事項以外の記載が無いケースがあります。
そのような場合には、購入後にパッケージを開けると使用方法と注意事項がありますので、よく読んでおいてください。

また、除毛処理は、毎日できるものではないため一度使用すれば一定期間、時間を空けなければなりません。

除毛クリームの塗りムラがあると、キレイに除毛できないことがあります。続けて利用ができないので、結局除毛できずに残ってしまい、見た目に違和感が出るリスクもあります。

除毛クリームを使う際の注意点

手軽に使用できるからこそ、注意すべきことがあります。
デメリットと重なるところはありますが、次の4つがあげられます。

除毛クリームを使う際の注意点

  • 誰にでも合うわけではない
  • アフターケアは必要
  • その日の体調に合わせることも必要
  • 毛の太さにあわせる

除毛クリームは、肌に直接つけるものなので全ての人に害がないとは言い切れません。
いつも使用しているものでも、その日の体調によっては肌が荒れてしまうこともあります。

また、問題なく使用できても使用後のアフターケアを怠っては肌が乾燥してしまいます。
保湿成分が含まれているクリームを選び、肌のバリア機能を向上させておきましょう。

保湿成分の代表的なものには「ヒアルロン酸」や「セラミド」があり、これらが含まれているものを選択するのもおすすめです。

そのほか、除毛したいムダ毛の太さによって除毛クリームの種類を選ぶことも大切です。
肌の状態に合わせて除毛クリームの種類を選ぶことも大切ですが、ムダ毛が太い場合には除毛効果が高いものを選ぶことも大切です。

ムダ毛処理には医療脱毛がおススメ

除毛クリームは、2〜3日後には産毛が生えてきていたり黒いポツポツが現れ、肌がチクチクしたり、といった状態になります。

医療脱毛は、除毛クリームを使用するよりも比較的長い間スベスベ・さらさらな肌を実感できます。

しかし、ムダ毛そのものの量を減らせるわけではないので、いずれは生えてきてしまいます。
ですが、医療脱毛は生えてくる毛の量を徐々に減らしていく効果が期待できます。

自分で処理する必要がなくなるくらいまで薄くできる効果を期待できるのがメリットです。
おおむね、わきの下の処理で5〜6回程度といわれています。ほかの部分と合わせて通うこともできますので、1度に広範囲の脱毛ができます。
長い目で見れば、除毛クリームを都度購入するよりも結果的に費用が安く済む可能性も。

そのため医療脱毛は、個人差はあるもののクリニックに通う期間は10カ月から1年3カ月ほどかかります。

もし「この日までに脱毛したい」という目的がある場合には、逆算して通い始める日を決めなければなりません。このように脱毛の目的やタイミングが明確に決まっている方であれば、早めにクリニックに相談することでベストなタイミングのアドバイスが貰えるでしょう。

そのほか、肌が弱い人でもクリニックで相談してから施術を受けられるため、自分に合った方法を提案してもらえます。

蓄熱式脱毛とは

医療脱毛は効果が高いとして知られていますが、痛みが強いデメリットがあります。
そういった方におすすめなのが、蓄熱式の脱毛機を導入しているクリニックです。

蓄熱式脱毛は、医療脱毛ならではの効果の高さはあるものの、痛みを抑えた施術ができます。

こちらの記事で蓄熱式脱毛について詳しく解説しております。メリットとデメリットもわかりやすくまとめておりますので、併せてぜひご覧ください。

メリットとデメリットを把握し医療脱毛も検討しよう

除毛クリームを利用した除毛方法は、多くの人が利用したことのある除毛方法のひとつです。

ただ、除毛クリームは時間が経つとまた生えてくるので、繰り返し一定期間をあけて処理しなければならず手間がかかります。

一方、医療脱毛は長期的に通わなくてはなりませんが、計画的に脱毛できます。

また、自分で処理作業することがない医療脱毛は、1度の通院で広範囲にわたって処理ができます。

さらに、クリニックで専門の医師に相談できるので、自分の肌のコンディションや意見を聞きながら施術ができ安心です。今の自分に合っている方法が「除毛クリームの使用」なのか「医療脱毛」なのか、よく検討しベストな方法を採用することをおすすめします。

ヒロクリニックでは蓄熱式脱毛を用いた施術を行っているので、痛みに弱くて脱毛を悩んでいる方はぜひご相談ください。