顔にニキビができても脱毛できる?OK・NGのケースをチェック
2022.11.11

肌の状態が整っていなければ脱毛はできません。
中には「ニキビがあるけれど顔の脱毛をしたい」と考えている方もいるでしょう。そこで、ニキビがある状態で顔脱毛が可能かについて解説します。

この記事を読むことによって脱毛できる、またはできないニキビの状態と、顔脱毛するメリット・デメリットがわかるので、ぜひ参考にしてみてください。
普段からニキビができやすい方は、施術可能なタイミングを見極められるようになります。

顔にニキビがあっても脱毛は可能?

顔にニキビができていたとしても、ニキビの状態によっては脱毛が可能です。そのため、ニキビがあるから脱毛はできないと諦める必要はありません。

1年のうち、特にニキビに注意が必要なのは春の時期です。春は新陳代謝が活発になることからホルモンが分泌されやすく、ニキビができやすいといえます。
ただ、夏は皮脂が過剰分泌されやすいですし、秋や冬も肌のターンオーバー機能が乱れ、ニキビができてしまうことがあります。ニキビができやすい体質の方は一年中ニキビができてしまうこともあるので、どのようなニキビ状態であれば脱毛できるか確認したうえで施術を受けるタイミングを検討してみましょう。

脱毛してもいいニキビとは

脱毛によって肌は少なからず刺激を受けることになります。
ですが、軽度のニキビであればそれほど大きな刺激になることはなく、脱毛が可能です。
脱毛しても問題ないのは、以下のようなニキビです。

脱毛できるニキビ1.ほぼ治っている

ほぼ治っているものや、治りかけ段階のニキビであれば、脱毛しても大きな問題はありません。ただ、何らかの影響を受ける可能性はあるので、ニキビ周辺を避けて施術するのが一般的です。

脱毛できるニキビ2.初期段階のもの

初期段階にあたる白ニキビと黒ニキビは基本的に脱毛が可能です。白ニキビとは、肌の油分である皮脂が毛穴に詰まって白く見えている状態のことをいいます。
そこから少し時間が経ち、毛穴に詰まった皮脂や角質が酸化したのが黒ニキビです。

いずれも炎症を起こす前の状態であるため、脱毛の施術を受けても肌が大きなダメージを受けることはほぼありません。

脱毛できるニキビ3.ニキビ跡になったもの

炎症などが起こっておらず、すでにニキビ跡として安定したものは脱毛が可能です。ニキビ跡は、ニキビが悪化し、色素沈着などを起こすことによって発生します。
色素沈着が薄ければそのまま脱毛できますし、色素沈着がひどい場合はその部位を避けて施術が可能です。

クリニックによってはニキビ跡の治療に効果的なレーザー機器を使って脱毛していることがあります。人によっては脱毛ついでにニキビ跡が少し薄くなることもありますが、過度な期待はできません。

脱毛してはいけないニキビとは

ニキビの中には脱毛の施術で刺激を受けてしまい、肌トラブルにつながるものもあります。以下に該当するニキビの場合、脱毛は避けておいたほうが安心です。

脱毛できないニキビ2.炎症を起こしているもの

初期段階である白ニキビ、黒ニキビから進行して赤ニキビになった場合、脱毛は避けたほうが良いです。赤ニキビとは、黒ニキビが悪化した状態のことであり、炎症が起きています。

毛穴の中に皮脂が詰まっており、そこに雑菌や細菌といったものが繁殖している状態です。炎症が悪化する恐れがあるため、この場合は脱毛できません。
ただ、非常に小さな赤ニキビであればその部分を隠して照射できるケースもあります。

脱毛できないニキビ2.化膿しているもの

赤ニキビがさらに悪化し、黄色ニキビと呼ばれる状態になっているのであれば脱毛はできません。黄色ニキビは、ニキビが化膿して膿を持っている状態です。
毛穴内部では黄色ブドウ球菌が増殖しており、ひどい炎症を引き起こします。

さらに、紫ニキビと呼ばれる赤紫色に腫れたニキビについても脱毛はできません。黄色ニキビや紫ニキビまで症状が進行した場合、ニキビ跡として残るケースも多いです。

脱毛できないニキビ3.広範囲に症状があるもの

ニキビが化膿していたとしても、そこを避けて照射できるのであれば脱毛可能なケースがあります。
ですが、顔全体にニキビがあるような場合は、一つひとつの症状がそれほどひどくなくても施術を断られる可能性が高いです。脱毛の刺激によって症状が悪化してしまう恐れがあるため、ニキビを治してから脱毛について検討しましょう。

同じく背中にもニキビができていると施術できない場合があります。こちらの記事では背中脱毛について詳しく解説しています。あわせてぜひご覧ください。
▶参考記事:背中脱毛とはどのような施術かメリット・デメリット・注意点まとめ

顔脱毛するメリット

顔脱毛には多くのメリットがあります。ニキビ対策にもなるメリットとして、以下のことが挙げられます。

メリット1.自己処理による傷の心配がなくなる

脱毛によってムダ毛の処理が必要ない状態になれば、自己処理で肌を傷つけることがありません。
カミソリなどを使って顔のムダ毛を処理すると、角質を削ったり、肌を傷付けたりしてしまうことがあります。このような状態になると肌のバリア機能が低下するため、ニキビの原因となるアクネ菌が侵入しやすいです。
特に敏感肌の方などはトラブルのリスクが高くなるため、脱毛をして自己処理が必要ない状態を目指してみてはいかがでしょうか。

自己処理と言っても様々な方法があります。こちらの記事では除毛について詳しく解説しています。あわせてぜひご覧ください。
▶参考記事:脱毛と除毛の違いとは?それぞれの特徴とメリット・デメリット

メリット2.肌が引き締まる

脱毛をすれば毛穴から生えている毛がなくなる分、肌が引き締まります。毛穴が開いているとそこに皮脂や汚れが詰まってニキビの原因になるので、ニキビを防ぐ効果も期待できるでしょう。

メリット3.肌がトーンアップし、化粧のりが良くなる

ニキビに関するメリットだけではなく、肌がトーンアップするメリットもあります。顔に生えている産毛には薄く色がついているため、脱毛で産毛がなくなることにより肌が明るく見えるのがメリットです。産毛がなくなれば化粧のりも良くなります。

顔脱毛するデメリット

顔脱毛をする前にどのようなデメリットがあるのか押さえておきましょう。以下のようなデメリットが挙げられます。

デメリット1.効果が出るまでに時間がかかる

顔の産毛はレーザーが反応する色素があまり含まれていないため、効果が出るまでに時間がかかります。他部位よりも回数を重ねなければなりません。

デメリット2.皮膚が薄く、痛みを感じやすい

顔の皮膚はとても薄いため、施術時の衝撃が伝わりやすくなります。痛みに弱い方は出力を調整してもらいましょう。

デメリット3.肌トラブルのリスクがある

顔に限った話ではありませんが、毛根を包んでいる毛包、毛嚢に炎症が起こる毛包炎のリスクがあります。ニキビのような症状が出ることが多いです。

下記の記事で顔脱毛についての特徴を解説していますので、参考にしてください。
▶参考記事:顔脱毛とはどのような特徴があるのかメリット・デメリットと注意点

顔脱毛する際の注意点

顔脱毛を行う前に以下の注意点を確認しておきましょう。トラブルを避けるためにも重要なポイントです。

注意点1.紫外線対策をとる

紫外線は肌に負担をかけてしまうため、施術前後は特に紫外線に注意しましょう。顔を守るため、日傘や帽子を活用するのもおすすめです。

注意点2.肌に刺激を与える行為は避ける

肌が乾燥すると刺激に弱くなるため、丁寧なスキンケアを行って保湿に努めましょう。ただ、スキンケアアイテムの中には刺激が大きいものもあるため、注意が必要です。低刺激のものを選択してください。

脱毛を始める最適な時期はいつ?

いつから脱毛に通うべきか迷われている方も多いのではないでしょうか。
脱毛は、肌トラブルのリスクが低い秋や冬に通うのがおすすめです。
こちらの記事で脱毛を行うおすすめの時期について解説しています。秋や冬の脱毛で露出が多くなる時期に備えましょう。

▶参考記事:脱毛を始めるのに適した時期は?効果が出るまでの期間も確認

顔脱毛はニキビ対策にもなる

顔にニキビができていても脱毛できるかについて解説しました。どのような状態であれば脱毛できるか判断するのに役立ててみてください。
顔脱毛することによって毛穴が引き締まり、ニキビができにくくなる効果も期待できます。

三鷹駅の脱毛クリニック「ヒロクリニック」では、医療レーザー脱毛メニューを取り扱っています。Webからご予約いただくと6大特典も適用されるので、これから脱毛を始めたいと考えている方はぜひご相談ください。