全身脱毛と部分脱毛のメリット・デメリットとおすすめの脱毛方法
2022.07.19

「全身脱毛と部分脱毛のどちらを選べばよいのだろう…」などと感じていませんか。どちらを選んでもそれなりの費用がかかるため、慎重に選びたくなりますよね。結論から述べると、おすすめの方法はケースで異なります。それぞれにメリットとデメリットがあるからです。両者の特徴を理解したうえで、自分に合っている方法を選ぶことが重要です。

この記事では、お悩みの方のために全身脱毛と部分脱毛のメリット・デメリットをわかりやすく解説しています。さらに、これらを踏まえたうえでおすすめの方法をケース別に紹介しています。以下の情報を参考にすれば、自分に合っている脱毛方法を選べるはずです。

全身脱毛とは?

全身脱毛は、全身のムダ毛を対象に医療脱毛などを行うことです。ただし、対象となる部位は、施術を行う医療機関などで異なります。つまり、同じ全身脱毛でも、利用する医療機関などで施術を受けられる範囲は異なるのです。参考に代表的な例を紹介します。

【施術を受けられる範囲】

  • 全身+顔+うなじ+VIO
  • 全身+顔
  • 全身+VIO

ここでいう「全身」の定義もさまざまですが、基本的には「脇・肘上・肘下・胸・お腹・太もも・膝下・足背・足趾・背中・お尻」と考えておけばよいでしょう。「全身+顔+うなじ+VIO」は脱毛できるすべての箇所を対象、「全身+顔」は露出しやすい箇所を対象、「全身+VIO」は顔とうなじを除くすべての箇所を対象にしていると考えられます。同じメニューであっても施術を受けられる部位は医療機関などで異なるため、利用前に確認しておくことをおすすめします。

全身脱毛のメリット

全身脱毛にはさまざまなメリットがあります。主なメリットは次の通りです。

普段のお手入れが簡単に!肌への負担も抑えられる

普段のお手入れが基本的に不要になるため、ムダ毛処理に使っていた時間を他のことに充てられます。また、自己処理で肌にかかる負担をなくせる点も魅力です。カミソリ負けや埋没毛などのトラブルを遠ざけられます。

手間と費用を抑えつつ脱毛できる

一回の利用で複数個所を脱毛するため、部位ごとに全身を脱毛するケースよりも医療機関などへ通う回数を抑えやすい傾向があります。脱毛完了にかかる期間も短いケースが多いでしょう。また、効率よく脱毛できるため、費用も抑えやすい傾向があります。

隙のない肌を実現できる

自己処理が難しい部位も脱毛できるため、隙のない肌を実現できます。お手入れをさぼったせいで、大切なときに恥ずかしい思いをすることはなくなるでしょう。顔のムダ毛を処理すると、化粧のりもよくなるケースが少なくありません。

全身脱毛のデメリット

ここまでメリットについてみてきましたが、合わせて理解しておきたいデメリットもあります。主なデメリットは次の通りです。

まとまった費用が必要

具体的な費用は施術を受ける医療機関などで異なりますが、全身脱毛にかかる費用は部分脱毛よりも高額になります。部分脱毛よりも脱毛できる箇所が多いからです。ただし、部分脱毛で同じ個所の施術を受けるよりも割安です。見通しを立てて選択することが重要といえるでしょう。

1回の施術時間が長い

1回あたりの施術時間が長くなる点にも注意が必要です。同じ日に複数箇所の施術を行うため、時間が長くなってしまいます。時間的な余裕がない方は利用しにくいかもしれません。ただし、同じ日に複数個所を施術するため、通院回数は抑えられます。

部分脱毛とは

部分脱毛は、希望する部位(またはあらかじめ決められた部位)を選んで施術を受ける脱毛です。例えば、脇だけの施術を受ける、膝下だけの施術を受けるなどが該当します。気になる箇所に狙いを絞る点が全身脱毛との違いです。もちろん、ムダ毛の状態に合わせて、複数個所の施術を受けることもできます。そのためご自身の希望に合わせたプランを組みやすいといえるかもしれません。医療機関などにより、対象となる範囲が異なる点は全身脱毛と同じです。

部分脱毛のメリット

部分脱毛には、全身脱毛とは異なるメリットがあります。主なメリットは次の通りです。

費用を抑えられる

部位を限定できるため、費用を抑えやすい傾向があります。予算に限りがある方でも利用しやすいといえます。ただし、施術を受ける部位が増えていくと結果的に割高になることが少なくありません。「一度に支払う金額を抑えられる」と理解しておきましょう。

施術時間が短い

1回あたりの施術時間が短い点も魅力です。例えば、両脇の脱毛であれば20~30分程度で終えられます。忙しい方でも利用しやすい方法です。

部分脱毛のデメリット

部分脱毛にはデメリットもあります。気を付けたいデメリットは次の通りです。

施術を受けていない箇所が目立つ

部分脱毛は、施術を受けていない箇所が目立つ傾向があります。ムダ毛が生えている箇所と生えていない箇所が横に並ぶからです。見た目・肌触りとも異なるため、以前よりも気にしてしまうケースが少なくありません。追加で施術を受けたくなる方もいます。

トータルで割高になる

1カ所あたりの料金は、全身脱毛よりも部分脱毛の方が割高です。したがって、追加で施術を受けていくと、トータルの費用は全身脱毛よりも高くなってしまいます。「一度に支払う金額」だけで部分脱毛を選ぶことはおすすめできません。

全身脱毛と部分脱毛おすすめなのは?

それぞれにメリットとデメリットがあるため、おすすめの脱毛方法はケースで異なります。ケース別におすすめの方法を紹介します。

気になる箇所が多い

気になる箇所が多い方には全身脱毛が向いています。部位別に複数個所の施術を受けるより割安になるケースが多いからです。料金が大きく変わらない場合も、対象部位が多い全身脱毛のほうがお得です。

ムダ毛が濃い

このタイプの方にも、全身脱毛をおすすめします。部位脱毛だと、施術を受けた箇所と受けていない箇所の差がはっきりと表れやすいからです。以前よりも自己処理をこまめに行わなければならない、追加で施術を検討しなければならないなどが考えられます。全身脱毛を選択しておけば、このような心配はありません。

特定部位のムダ毛が気になる

ムダ毛が薄く、特定部位だけが気になる方は、部分脱毛が向いているでしょう。気になる箇所だけ処理すれば、満足できるケースが多いからです。

時間をかけたくない

1回あたりの施術時間が気になる場合は部分脱毛がおすすめです。施術箇所が少ないため、何時間もかかることはほとんどありません。通院回数を減らしたい場合は、全身脱毛がおすすめです。1回に複数個所を施術するため、通院回数を減らせます。

どちらを選べばよいかわからない

悩む方には全身脱毛をおすすめします。最も大きな理由は、追加で施術を受けなくてよいからです(例外はあります)。後から「ここも受けておけばよかった」などと感じることを防げます。トータルで考えると費用が割安になる点も魅力です。多くの方が、後悔しにくい施術方法と考えられます。

医療脱毛と美容脱毛の違いについて

全身脱毛と部分脱毛のメリット・デメリットを紹介しました。

脱毛をお考えの方の中には、医療脱毛と美容脱毛についても迷われる方が多くいらっしゃると思います。
どちらを選んでもそれなりの費用や時間がかかるため、慎重に選びたくなりますよね。

この記事では「医療脱毛か美容脱毛か決めかねている」といった方のため、それぞれの違いや
メリット・デメリットについてご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。
▶参考記事:医療脱毛と美容脱毛の違い

それぞれの特徴を理解して選びましょう

いかがでしたでしょうか?全身脱毛と部分脱毛のメリット・デメリットを解説しました。特徴は異なるため、ニーズに合わせて選ぶことが重要です。悩む場合は全身脱毛をおすすめします。部分脱毛を繰り返すよりも、時間と費用を抑えられます。

全身脱毛と部分脱毛で迷われている方は、ヒロクリニックでぜひご相談ください。