顔脱毛とはどのような特徴があるのかメリット・デメリットと注意点
2022.05.23

医療脱毛をしたいと考えている方に向けて、顔脱毛のメリット・デメリットとともに注意点を解説します。

顔脱毛とはおもに、顔の産毛への脱毛のことを指します。
顔の産毛をカミソリで自己処理されている方もいらっしゃるでしょう。
脱毛をすると、カミソリによる肌トラブルが起こらなくなったり、メイクのノリが良くなったりとさまざまなメリットが感じられるはずです。
ただしメリットばかりではなく、デメリットや注意点もあります。

顔脱毛をしたいと考えているなら、メリット・デメリットの両方を比較して考えることが大切です。
今回の記事を読んでいただければ、顔脱毛の施術を受けるかどうか判断するための参考としていただけるでしょう。

顔脱毛とは

顔脱毛とは、顔に生えている産毛を脱毛することです。
顔には鼻の下や鼻の中、頬などに細かなムダ毛が生えています。
それほど濃くなることは少ないものの、顔は洋服では隠せない部位なので気になる方も多いでしょう。
そこで、顔に生えてくる産毛を脱毛しようとすることを顔脱毛と呼んでいます。

顔脱毛のメリット

顔脱毛をするとどのようなメリットがあるのでしょうか?
顔の産毛を脱毛処理することで得られるメリットについて解説していきます。

1:メイクのノリが良くなること

顔脱毛をすることのメリットとして、メイクのノリが良くなることがあげられます。
顔には細かな産毛が生えていますが、脱毛をして肌がすべすべになるとファンデーションが密着しやすくなります。
そのた顔脱毛をすると、ファンデーションが崩れにくくなるメリットが感じられるはずです。

2:肌トラブルのリスクが軽減されること

肌トラブルのリスクが軽減されることもメリットのひとつです。
産毛が気になったときに、カミソリなどで剃って自己処理をされる方は多いのではないでしょうか。
しかしカミソリによるムダ毛の自己処理は肌の炎症の原因となりかねません。
また、カミソリにより傷がついてしまったり、色素沈着が置きてしまったりすることも考えられます。
顔脱毛をするとカミソリで自己処理をする必要がなくなります。
そのため炎症や色素沈着など、肌トラブルのリスクが軽減されるのです。

3:肌のトーンが明るくなる

また肌のトーンが明るくなるというメリットもあります。
肌のトーンが暗くなる原因のひとつとして、顔に生えている産毛による影が考えられるためです。
そのため産毛がなくなれば、トーンを落とす原因となっていた産毛の影がなくなります。
結果的に顔色が明るくなるため、人としての印象も明るさを与えられるようになるでしょう。

 

顔脱毛のデメリット

顔脱毛にはさまざまなメリットがありますが、次のようにデメリットもあります。

1:脱毛の施術に大変さがあること

顔脱毛は他の部位と比べて脱毛の回数が多くなりがちであること、痛みを感じやすいことなど大変さがあります。
クリニックでの医療脱毛は、エステサロンの光脱毛より回数が少なくなりがちです。
脱毛にかかる時間は、他の部位に比べて約2倍とも言われています。
また、顔は皮膚が薄く脂肪が少ないため、照射による衝撃が骨に伝わりやすいことが特徴です。
そのため他の部位に比べて痛みを感じることが多いでしょう。
医療脱毛でも顔脱毛に関しては、回数が多くなり、痛みも強くなることが多いため負担が大きくなります。

2:脱毛できない部位があること

対応してもらうクリニックによって、脱毛できない部位があることもデメリットと言えます。
どこまで脱毛可能かはクリニックの規定により変わりますが、こめかみや鼻、眉毛、眉間、顎下などは脱毛不可としているクリニックも少なくありません。
鼻の下や頬など多くのクリニックが対応している部位への脱毛を希望しているなら問題はないでしょう。
しかし顔の中でも皮膚が薄い場所、凹凸により脱毛機を照射しにくい場所の脱毛を考えているなら、対応できないクリニックがあることも知っておいてください。

3:肌トラブルが起こる可能性がある

脱毛の施術を受けると肌トラブルが起こる可能性があります。軽度のやけどとなったり、赤みや痛みなどが感じられることもあるでしょう。
特に顔の皮膚は他の部位とくらべて薄いため、肌トラブルが起こる可能性が高くなることも考えられます。
隠せない部位である顔に、肌トラブルが起こり得ることを知ってから施術を受けるようにしてください。

顔脱毛の痛みはどれくらい?

顔脱毛のデメリットとして痛みが強いことをご紹介しましたが、その程度に関しては「チクっと針で軽くつつかれるような痛み」だと思います。
他の部位に比べると痛みは強いものの、VIOよりは弱いと言われています。
一般的に脱毛の痛みは、「輪ゴムでパチンと弾かれたような痛み」と言われることがほとんどです。
ただし顔脱毛の場合は輪ゴムで弾かれる痛みよりも強いと考えられるので、針で軽くつつかれるようなピリッとした痛みだと考えられるでしょう。

顔脱毛する際の注意点

これから顔脱毛の施術を受けたいと考えている方に向けて、最後に顔脱毛をする際の注意点について解説していきます。

1:脱毛中は日焼けをしないこと

顔脱毛の施術を受けている最中は、日焼けをしないように心がけてください。
ほとんどの脱毛器はムダ毛の中に含まれるメラニンに反応します。
しかしメラニンは日焼けをした後の肌にも含まれるものです。
そのため日焼けをした状態で施術を受けると、肌の中のメラニンに反応して効果が低くなったり、痛みを感じたりすることがあります。
顔脱毛の施術を受けているときは日焼け止めや日傘などを活用して、日焼けをしないよう万全の体制を整えましょう。

2:肌に刺激を与えないようにすること

顔脱毛の施術を受ける前後は、なるべく肌への刺激を避けるようにしてください。
脱毛の施術を受けた後の肌はデリケートなので、優しくいたわってあげることが大切です。
ムダ毛の自己処理やピーリング、毛穴パックなどは避けて、しっかりと保湿をしてあげましょう。
スキンケア用品や化粧品はいつも使っているもののみとし、新たなものを使用するのは避けるようにします。
施術前後はできる限り肌への刺激を避けることが顔脱毛の注意点です。

3:自己処理は施術を受ける2日前までに済ませること

顔脱毛の施術前に自己処理を行う場合は、施術を受ける2日前までに済ませておきましょう。
ムダ毛処理は少なからず肌にダメージを与えるので、前日と当日は避けるようにしてください。
また、自己処理の方法もカミソリなどは肌への負担となるので、電気シェーバーなど負担になりにくいものを使用するのが基本です。
脱毛施術前の自己処理は痛みややけどのリスクを軽減するために必要です。
しかし方法によっては肌に負担をかけることもあるので、施術を受ける2日前までに済ませておくようにすることが大切です。

顔脱毛とはメリットが豊富!ただしデメリット・注意点も把握して

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことで、顔脱毛とはどのようなものか、メリット・デメリットともに注意点もご理解いただけたと思います。
痛みが強いと言われがちですが、蓄熱式脱毛機は比較的痛みが弱い脱毛器なので顔脱毛にもおすすめです。

ヒロクリニックでは蓄熱式脱毛を用いた施術を行っているので、痛みに弱くて脱毛を悩んでいる方はぜひご相談ください。