胸脱毛とはどのようなものかメリット・デメリット・注意点まとめ
2022.05.23

これから脱毛を始めたいと思っている方に向けて、胸脱毛とはどのような脱毛か、メリット・デメリット・注意点をご紹介します。

胸脱毛とはバストの脱毛のことです。
施術を受けたいと考えている方は「毛深いのが悩み」という場合が多いのではないでしょうか。
そのため悩みが深刻で、メリットやデメリットをよく知ってからベストな選択をしたいと思われている場合も多いと思います。
特に胸は女性にとってデリケートで大切な部位ですから、悩まれる方は多いものです。

そこで今回の記事では、胸脱毛とはどのようなものか、メリット・デメリットとともに注意点を解説します。
胸脱毛をするべきか、デメリットやリスクはないのか気になっている方は、ぜひ今回の記事を参考にしてください。

胸脱毛とは

胸脱毛とは鎖骨下のデコルテから、バストの下までを処理する脱毛のことです。
デコルテとバスト全体が脱毛範囲となります。
ただしメラニン色素が多く含まれる乳輪やバストトップはやけどの可能性が高い部位です。
そのため乳輪自体にはレーザーを照射せず、乳輪周りまでとしているクリニックや脱毛サロンが多く見られます。

胸脱毛のメリット

それでは胸脱毛をすると、どのようなメリットが感じられるのでしょうか。
さまざまなうれしいポイントがありますが、代表的なものを3つご紹介します。

1:胸元周辺が美しく見えること

胸脱毛をすると、胸元周辺が美しく見えるようになるはずです。
ムダ毛が生えていると毛の影によって、肌が暗く見える傾向があります。
自己処理をすると肌が荒れてしまったり、処理をした後がぶつぶつになったり、チクチクとした感触になったりする問題が起こることも多いでしょう。
しかし胸脱毛をすればムダ毛がなくなり肌がトーンアップし、スベスベとした美しい肌を手に入れられるはずです。

2:自己処理による肌トラブルのリスクがなくなること

自己処理による肌トラブルのリスクがなくなることも、胸脱毛の大きなメリットです。
自己処理をし続けていると、肌が赤くなり炎症を起こすことがあります。
特に乳輪周りは肌が弱い傾向があるので、自己処理の刺激により黒ずみが生じてしまうことも珍しくありません。
バストというデリケートな部位だからこそ、自己処理よりも安全な脱毛に大きなメリットを感じられるでしょう。

3:胸元の開いた洋服も自信を持って着こなせること

胸脱毛には、胸元の開いた洋服も自信を持って着こなせるようになるメリットもあります。
ムダ毛や自己処理による肌トラブルが気になると、どうしても洋服で隠してしまいがちです。
しかし脱毛をしてムダ毛・肌トラブルの両方の心配がなくなると、さまざまなおしゃれを思い切り楽しめるようになります。
胸元が大きく開いた服や水着でも自信を持って着こなせるでしょう。
自信を持っておしゃれを楽しめるようになることで、毎日がさらに楽しくなるはずです。

胸脱毛のデメリット

胸脱毛には多くのメリットがありますが、同時にデメリットと感じられる点もあります。
施術を受ける前に、デメリットも知っておきましょう。

1:やけどのリスクがあること

胸脱毛にはやけどのリスクがデメリットとしてあります。
他の部位と比べて、メラニン色素量の多い乳輪があることがリスクを高めている理由です。
ほとんどのクリニックで乳輪は避けて、安全に施術を行います。
しかし乳輪まわりの施術を受けるときに、やけどをしてしまう可能性はゼロではありません。
やけどは脱毛全般のリスクですが、胸脱毛では特に起こりやすいことがデメリットとなります。

2:羞恥心を感じること

胸脱毛で羞恥心を感じる方は少なくありません。
実際にはバストトップなどは見えないよう、バスタオルやガウンなどを使用します。
しかしやはり、普段は人に見せない部位であることから、羞恥心を感じる方もいらっしゃるでしょう。

3:脱毛の期間が長くなりがちなこと

脱毛の期間が長くなりがちなことも、胸脱毛のデメリットと言えます。
胸に生えるムダ毛は、細い産毛のような毛であることが多いものです。
脱毛機はムダ毛の中のメラニンに反応するので、メラニンが少なく色の薄い産毛には反応が弱くなります。
そのため1回の施術で得られる効果が低くなりがちです。
十分な効果を実感するには施術の回数を増やす必要があることから、他の部位に比べて脱毛期間が長引く傾向にあります。

胸脱毛の痛みはどれくらい?

胸脱毛の施術を受けるときの痛みは、ほぼ感じられない程度です。
胸は全身の中でも特に脂肪が多く、痛みを感じにくい部位だとされています。
また細い産毛が多く、脱毛機の反応が弱いことも痛みが少ない理由です。

ただし鎖骨・デコルテなど骨に近い場所を施術するときには痛みが感じられることもあります。
骨に近い場所では、骨に衝撃が加わったような鈍い感覚があるかもしれません。
しかし基本的に、我慢できないほどの強い痛みを感じることはないでしょう。

胸脱毛する際の注意点

これから胸脱毛の施術を受けていきたいと思われているなら、注意点も把握しておきたいものです。
胸脱毛の施術を受ける際には、次のような注意点を意識してください。

1:妊娠中・授乳中は胸脱毛を避けること

胸脱毛の注意点として、妊娠中・授乳中の施術は避けるべきとのことを知っておいてください。
妊娠中や授乳中は肌が過敏になることが多く、胸以外への施術も避けるべきだとされています。
しかし胸は特に、もともとデリケートな乳輪まわりを含む部位です。
脱毛の施術を受けるなら、授乳が終わって、規則正しい生理が3回くらいきた後から始めましょう。

2:自己処理は電気シェーバーで行うこと

施術前の自己処理は、電気シェーバーを使うことも注意点のひとつです。
毛抜きやワックスでは毛根まで抜けてしまい、施術の効果を十分に感じられなくなります。
施術を受ける3日前から前日にかけて、電気シェーバーで毛根を残しながら処理を行うのがポイントです。
施術前には自己処理の方法もしっかりと意識しましょう。

3:施術後は保湿をしっかりとすること

胸脱毛の施術を受けた後は、保湿をしっかりと行うようにしましょう。
メリットとして肌がきれいになると解説しました。
しかし施術直後は肌がダメージを受けて乾燥しやすい状態なので、徹底的な保湿が必要です。
特に乳輪周りは乾燥しやすく、クリームなどで丁寧に保湿されることをおすすめします。
保湿をしっかりと行っていれば、脱毛完了後にはスベスベの美しい胸周りになっているでしょう。

胸脱毛はメリットだけでなくデメリット・注意点も知ってから!

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことで、胸脱毛とはどのような施術か、メリット・デメリットとともに注意点もご理解いただけたと思います。
肌がデリケートな部分も含まれる胸には、肌への負担が少ないとされる蓄熱式脱毛機がおすすめです。

ヒロクリニックでは蓄熱式脱毛を用いた施術を行っているので、痛みに弱くて脱毛を悩んでいる方はぜひご相談ください。