うなじ脱毛とはどのような特徴があるかメリット・デメリット・注意点
2022.05.23

脱毛を始めたいと思われている方に向けて、うなじ脱毛のメリット・デメリット・注意点をご紹介します。

意外と体毛が多いのがうなじから背中にかけての範囲です。
毛深い体質の方であれば、背中からうなじの体毛が多いのがコンプレックスであったり、自己処理が難しくて困っていたりする方も多いのではないでしょうか。
ただ脱毛となるとデメリットがあるのではないか、どこで受けようか…と悩んでしまいがち。

そこで今回の記事では、うなじ脱毛についてメリット・デメリット・注意点を幅広く解説していきます。
うしろの首筋への脱毛をしたいと考えているなら、今回の記事が施術を受けるべきかどうか判断するための参考になるはずです。

うなじ脱毛とは

うなじ脱毛とは、首の後ろ側である「襟足」部分の脱毛のことです。
首の後ろ側は普段、自分では見えない場所なので油断しがちではないでしょうか。
しかし髪の毛からの延長で、体毛が生えやすい部位でもあります。
自分で見にくい場所であるからこそ、脱毛をしてきれいにしておきたいという方が多いものです。
うなじ脱毛とは自分では見えにくい、襟足部分の脱毛のことを指します。

うなじ脱毛のメリット

それではうなじ脱毛をすることのメリットを見ていきましょう。
うなじの脱毛をしてみたいけれど迷っている方は、ぜひここでご紹介する内容を参考にしてください。

1:新しいヘアスタイルに挑戦しやすくなること

最大のメリットは、新しいヘアスタイルに挑戦しやすくなることではないでしょうか。
今までうなじが気になっていた方でも、ショートヘアやアップスタイルに挑戦したくなることでしょう。
毛深いことで悩んでいると、首周りが露出するショートヘアなどは避けがちです。
しかしうしろの首筋への脱毛をすることで、自信を持って新しいヘアスタイルに挑戦できるようになります。

2:首周りがきれいに見えるようになること

首周りがきれいに見えることも、うなじ脱毛の大きなメリットです。
襟足周りに体毛が多いと、首元がスッキリとして見えません。
しかし反対にきれいな首筋であると、首がスッキリとして細く、きれいに見える傾向があります。
人によっては首の太さが気になる方もいることでしょう。
首が太いことがコンプレックスとなっているなら、施術を受けることでそのコンプレックスの解消に貢献することも期待ができます。

3:清潔に見られるようになること

襟足の体毛が少ないと、清潔に見られるようになることが多くなります。
上から洋服までの隙間が見えないほど体毛が生えていると、どうしても清潔感が損なわれがちです。
きれいに処理された襟足は、スッキリとした印象とともに清潔感を与えます。

4:襟足の肌がきれいになること

うなじ脱毛をする隠れたメリットとして、肌がきれいになることもあげられます。
襟足の体毛を自己処理していた人であれば、自己処理の必要性がなくなり、肌を傷つけるリスクが減ります。
さらに脱毛機のレーザーには肌をきれいにする効果があるため、肌が明るくなるなどのうれしい効果が得られることもあるのです。
うなじへの脱毛というとムダ毛がなくなることに注目しがちですが、肌がきれいになるメリットも得られる可能性があります。

うなじ脱毛のデメリット

次はうなじ脱毛のデメリットについて見ていきましょう。
メリットばかりではなく、デメリットも知ってから施術を受けることを決断することが大切です。

1:背中のムダ毛が目立つこと

うしろの首筋への脱毛をすると、背中の体毛が目立ってしまうことがあります。
背中の体毛が薄い方であれば問題がありません。
しかし全身の体毛が濃い場合、うなじだけを脱毛することで、反対に背中の体毛が目立つことも考えられます。
また背中との境界線が感じられることも考えられるでしょう。

背中脱毛をすることで、背中ニキビができにくくなったり、背中が大きく空いた洋服も自信をもって着られるようになります。
背中脱毛についても紹介していますので、うなじ脱毛をしたいけれど背中のムダ毛が気になる方はぜひご覧ください。

▶参考記事:背中脱毛とはどのような施術かメリット・デメリット・注意点まとめ

2:時間と費用がかかること

デメリットとして、時間と費用がかかることも忘れてはいけません。
一般的な脱毛クリニックでは、うしろの首筋への脱毛が完了するまでに1年くらいの期間がかかります。
また施術を受けるためには費用も必要です。
脱毛完了までにかかる期間と費用を計算して、計画的に施術を受けるようにしてください。

3:脱毛完了後は形を変えられないこと

うしろの首筋への脱毛の完了後は、基本的に襟足部分の形を変えられません。
うなじを脱毛するときは、好みの形にあわせて脱毛を行います。
もし施術完了後に「違う形にしたい」と思ったとしても、脱毛を終えた部分には体毛が生えてこないことがほとんどです。
将来的に襟足の形を変えたいと思ったときに、うなじ脱毛をしたことを後悔する可能性があるので注意しておきましょう。

うなじ脱毛の痛みはどれくらい?

うしろの首筋への脱毛では、中心部分で背骨に伝わるようなチクチクとした痛みを感じることがあります。
痛みは髪の毛に近い襟足の上のほうほど強く、背中に近づくと弱くなる傾向です。
全身の中では脱毛施術時の痛みが強い部位ではありますが、我慢出来ないほどではないでしょう。
痛みが強いとされている脇脱毛よりも、弱い痛みとなるはずです。

うなじ脱毛する際の注意点

これから脱毛をしようと思われている方は、次のような点に気をつけてください。

1:うなじ脱毛が単体であることを確認すること

うしろの首筋への脱毛の契約をする際には、単体プランであることを確認しましょう。
全身の脱毛をしたい場合は、全身プランでの契約で構わないはずです。
しかしうなじだけを脱毛したい場合、クリニックによっては単体での提供がなく、全身脱毛プランに組み込まれていることもあります。
契約時にはプランをよく確認して、ご自身で脱毛の施術を受ける部位を把握してから契約してください。

2:形の希望をしっかりと伝えること

施術の前に形の希望をしっかりと伝えることも、うなじ脱毛の施術を受けるときの注意点です。
デメリットの項目で解説したように、脱毛が完了したら、襟足の形はもう一生変えられなくなるでしょう。
施術完了後に後悔しないように、ご自身にとってベストな形をしっかりと伝えてください。

3:日焼けをしないこと

日焼けをしないことも注意点のひとつ。
うなじは紫外線対策がおろそかになりがちな部位であるうえに、皮膚が薄いため日焼けをしやすい部位でもあります。
日焼けをすると肌の中のメラニン色素が増えて、脱毛機が肌にも反応してしまうことが考えられます。
肌にレーザーの熱エネルギーが照射されるとやけどのリスクが高まるため、施術を受けられなくなることもあるでしょう。
うなじは日焼けをしやすい部位なので、施術を受けている間は日焼け対策を徹底してください。

うなじ脱毛にはメリットとともにデメリットや注意点も

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことで、うなじ脱毛とはどのようなものか、メリット・デメリットとともに注意点もご理解いただけたと思います。
うなじは全身の中でも施術時の痛みが強く日焼けしやすい部位ですが、蓄熱式脱毛機なら日焼けをした肌でも施術が可能で、痛みが少なく安心です。

ヒロクリニックでは蓄熱式脱毛を用いた施術を行っているので、痛みに弱くて脱毛を悩んでいる方はぜひご相談ください。