VIO脱毛とはどのような施術かメリット・デメリットと注意点
2022.05.23

脱毛の施術を受けたいと考えている方に向けて、VIO脱毛のメリットとデメリット、注意点について解説します。

VIO脱毛とはデリケートゾーンのアンダーヘアを脱毛する施術のことです。
下着や水着などからアンダーヘアがはみ出るのでは…と不安を感じると、おしゃれも楽しめなくなるでしょう。
しかしVIO脱毛を済ませれば、アンダーヘアのはみ出しを気にすることなくかわいい下着や水着を楽しめます。

VIO脱毛にはその他にもたくさんのメリットがありますが、同時にデメリットや注意点も…。
そこで今回の記事では、VIO脱毛のメリットだけでなく、デメリットや注意点も解説します。
VIO脱毛に関心のある方にとって、施術を受けるかどうか判断するための参考になるはずです。

VIO脱毛とは

VIO脱毛とはデリケートゾーン周辺の脱毛のことです。
「VIO」とは「Vライン(デリケートゾーンと脚の付け根)」「Iライン(女性器両側の縦ライン)」「Oラインの(肛門周り)」を指します。
それぞれ「V」「I」「O」の形に脱毛をするとイメージするとわかりやすいでしょう。
VIO脱毛とは以上のように、デリケートゾーン周辺のアンダーヘアを処理する脱毛のことです。

VIO脱毛のメリット

それではVIO脱毛にはどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

1:アンダーヘアのはみ出しがなくなること

VIO脱毛のメリットとは、アンダーヘアのはみ出しがなくなることです。
水着や下着を着用したときに、ビキニラインからアンダーヘアがはみ出してしまうことは少なくありません。
しかしVIO脱毛をすればはみ出しを気にすることなく、着用できる水着や下着のデザインの幅も広がるでしょう。
デリケートゾーンへの脱毛のメリットとは、アンダーヘアのはみ出しを気にせずおしゃれを楽しめることにあります。

2:肌トラブルのリスクが軽減すること

VIO脱毛には、肌トラブルのリスクを軽減させられるメリットもあります。
デリケートゾーンは肌が薄いうえに、蒸れや自己処理による肌トラブルが起こりがちな部分です。
たとえば生理中にナプキンをつけていると、蒸れてかゆみを感じる…との体験をされた方は多いと思います。
また、自己処理をしようとすると肌が荒れて、炎症が起こってしまうこともあります。
しかしアンダーヘアをすべて脱毛するハイジニーナにすれば、生理中の不快な蒸れに悩まされることもありません。
ハイジニーナにしなくても、希望の形でVIO脱毛をすれば自己処理の必要性がなくなり、肌トラブルに悩まされることも少なくなります。
デリケートゾーン部分で肌トラブルが起こりがちな方には、特にVIO脱毛がおすすめです。

3:介護者の負担を軽減させられること

VIO脱毛をすることのメリットとして、将来的に介護をされる立場になったとき、介護者の負担を軽減させられることもあげられます。
アンダーヘアには排泄物が絡みやすく、排泄介助は介護者にとって大変な作業のひとつです。
また、蒸れによる臭いの発生は、介護者・介護される側ともに気になる問題でしょう。
VIO脱毛を済ませておくことで、将来的に介護される立場になったときの心理的負担を減らせます。
介護者への気を必要以上に使うこともなく、ご自身も臭いなどの不安を募らせることもありません。
VIO脱毛は若いころだけでなく、介護されるようになる老年期以降でもメリットを感じられる脱毛です。

介護してもらわなくてはいけなくなってしまっても、なるべく負担はかけたくないという方も多いのではないでしょうか?
VIO脱毛をしておくと、介護する側、される側の両方にメリットがあります。
介護脱毛についても紹介していますので、ぜひご覧ください。

▶参考記事:介護脱毛とは何かメリット・デメリット・注意点

VIO脱毛のデメリット

VIO脱毛には多くのメリットがありましたが、メリットだけでなくデメリットもあります。
メリットの次はデメリットについて知っておきましょう。

1:痛みが強いこと

VIO脱毛のデメリットは、施術中の痛みが他の部位に比べて強くなりがちなことです。
デリケートゾーン周辺は皮膚が薄いうえに太いムダ毛が密集して生えています。
また、神経や血管が多い部位でもあるため、他の部位を脱毛するのに比べて痛みが強い傾向があります。
ただ痛みの感じ方は個人差がありますし、クリニックであれば麻酔クリームを使って痛みをやわらげられます。
我慢できないほどの痛みではないと思われますが、他の部位に比べると痛みを感じやすいことを知っておいてください。

2:施術中の羞恥心があること

VIO脱毛のデメリットとして、施術中の羞恥心があることもあげられます。
女性器周り、肛門周りを、脱毛を担当するスタッフに見られるのですから、恥ずかしいと感じる方も多いでしょう。
クリニック側も利用者の羞恥心に配慮して、紙製のショーツを履いてもらい、ずらしながら施術を行ったり、バスタオルをかけたりとさまざまな工夫をしています。
ただどのような配慮がなされたとしても、羞恥心を感じる方は落ち着かないはずです。
脱毛のための施術であっても、羞恥心による抵抗感を感じる恐れはあります。

3:施術後に肌トラブルの不安があること

VIOに脱毛では、施術後に肌トラブルが起こる心配があることもデメリットとなります。
肌が薄いデリケートゾーン周辺は、他の部位に比べて肌が敏感です。
そのため脱毛機の熱や衝撃で、乾燥や炎症などのトラブルが起こることも考えられます。
もちろん肌トラブルはクリニックやご自身によるケアで予防したり、症状を軽減したりできるものです。
VIO脱毛の施術後は肌トラブルが起こりやすいことを忘れずに、ケアを怠らないようにしてください。

VIO脱毛の痛みはどれくらい?

「VIO脱毛は痛みが強い」と解説しましたが、痛みを例えると「何本もの輪ゴムを同時に弾かれたような痛み」と言われることが多いようです。
一般的に脱毛の施術では、「パチンと輪ゴムで弾かれたような痛み」と形容されます。
しかし他の部位よりも痛みが強いため、複数箇所を輪ゴムで弾かれたような痛みだと考えられるでしょう。
ただし我慢できないほどの痛みではないはずです。
他の部位よりも痛みは強いものの、クリニックのスタッフと相談して出力などを調整してもらえば、痛みが強すぎると感じられることはないと思います。

VIO脱毛する際の注意点

これからVIO脱毛をしたいと考えている方に向けて、最後に注意点を解説します。

1:電気シェーバーで自己処理をすること

VIO脱毛の施術を受ける前の注意点は、電気シェーバーで自己処理をすることです。
施術前には事前に自己処理をするように言われるでしょうが、その際にカミソリや毛抜きを使って行うことは避けましょう。
カミソリは肌を傷つけますし、毛抜きは毛根まで抜いてしまうため施術の効果が低くなってしまいます。
施術前の自己処理は肌への負担が少ない電気シェーバーで、できる範囲のみ行ってください。

2:痛みが強すぎるならスタッフに相談をすること

VIO脱毛のデメリットとして痛みが強いことをあげましたが、もし痛みが強すぎると感じたらスタッフに相談されることをおすすめします。
脱毛機の出力を調整してもらったり、麻酔を使って痛みを和らげたりなどの処置を行えます。
特に初期の施術ではまだアンダーヘアの量が多く、毛質も太いため、痛みを感じやすいでしょう。
最初の数回だけ出力を弱くしたり、麻酔を使用したりなどの処置を行うこともできるので、気軽に相談してください。

VIO脱毛とはアンダーヘアの脱毛のこと!メリット・デメリット・注意点を押さえて検討を

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことで、VIO脱毛とはどのようなものか、メリット・デメリットともに注意点もご理解いただけたと思います。
VIO脱毛は痛みが強い傾向がありますが、蓄熱式脱毛機なら全般的に施術時の痛みが弱いとされているので安心です。

ヒロクリニックでは蓄熱式脱毛を用いた施術を行っているので、痛みに弱くて脱毛を悩んでいる方はぜひご相談ください。