医療脱毛で効果がでる回数とは
2022.03.16

医療脱毛は美容脱毛に比べて短期間で効果が出やすいです。
「○月までに脱毛を終わらせたい」「通う回数の目安が知りたい」と感じている方もいるのではないでしょうか。

そこで、具体的にどれくらいで効果が出るのか気になっている方のために、脱毛に必要な回数について紹介します。
この記事を読むことで、脱毛回数の目安がわかります。
回数の目安がわかれば、通う期間や、総合的な費用も考えやすくなるはずです。

また、回数を重ねてもなかなか効果が実感できない場合に試したい対策についても解説します。
効果をアップさせるための対策をとることにより、脱毛回数をできる限り抑えることも不可能ではありません。

医療脱毛は何回で効果が出る?部位ごとに紹介

医療脱毛の場合、全体的な脱毛平均回数は5回前後です。
ほとんどの方は3~5回程度でほぼ満足されていますが、どの程度まで処理にしたいのかによってかかる回数が変わります。

また、皮膚の状態だけでなく、毛質、毛量、施術直前の処理状態なども結果に影響するので、個人差が大きいです。
部位ごとの一般的な回数の目安について解説します。

顔のうぶ毛を脱毛で処理したいと考えているのであれば、一般的に8~10回程度の施術が必要です。
つるつるの状態にしたいと考えているのであれば、10回以上かかることも珍しくありません。
全体的な目安として紹介した5回前後よりも長くかかりやすい部位です。

これは、顔のムダ毛の大部分を占めているうぶ毛にはメラニン色素があまり含まれていないことが関係しています。
医療脱毛で使うレーザー脱毛機は、ムダ毛に含まれているメラニン色素をターゲットとしているので、それがほとんどない産毛は効果的な施術ができません。

結果的に何度も施術を繰り返さなければならず、完了までに時間がかかります。

手・腕

手や腕は、5~6回ほど施術を受ければほとんどムダ毛が気にならない状態になることが多いです。
もちろん個人差はありますが、8回も行えばツルツルに近い状態を目指せます。
腕といってもワキまでは含まれていないことがほとんどなので「腕」として脱毛可能な部位はよく確認しておきましょう。

ワキ

ワキの脱毛で、ほとんど自己処理が不要になるまでにかかる回数は、5~6回程度です。
ワキは濃くて太い毛が密集して生えていることから、完了までにかなり時間がかかるのではないかと考えている方もいるでしょう。
ですが、ワキは脱毛機が反応しやすく、効果を実感しやすい部位でもあります。

注意点として、長期にわたって間違った自己処理を行っている方の場合、ワキが大きく黒ずんでしまっているようなケースが多いです。
そのような状態だと肌にもレーザーが反応してしまうため、レーザーの出力を抑えなければなりません。結果として回数が多くかかってしまうこともあります。

脚は、腕やワキと同様、5~6回程度が目安です。
腕に比べるとムダ毛が濃くて、悩んでいる方もいますが、濃い毛には効率よくレーザーを照射できます。
全体的な回数が極端に増えてしまうような心配はほぼありません。

Vライン

Vラインとは、ビキニラインのことです。
ここのムダ毛をしっかり処理しておかないと、下着からアンダーヘアがはみ出してしまうことがあります。

特に水着を着たりするタイミングで気になるポイントといえそうです。
脱毛に必要な回数は平均するとは5~6回ですが、もっとしっかり処理したいと考えているのなら8回以上はかかると考えておきましょう。

なお、クリニックによってどこからどこまでをVラインとしているのか定めている範囲が異なります。
事前に確認しておきましょう。

I・Oライン

陰部両わきにあたるIラインと、肛門周辺にあたるOラインは、Vラインよりも回数がかかるのが一般的で、8~10回は必要です。
全身の中でも顔と同様に回数がかかる部位です。

これには、痛みを感じやすい部位であることが大きく関係しています。
I・Oラインは黒ずみが発生しているケースが多いです。
肌が黒いとレーザーの刺激が強くなってしまうため、出力を抑えなければなりません。

状態によっては麻酔をして施術できますが、出力を落として施術をした場合は完了までにかかる回数が増えてしまいます。
無理に強い出力で行った場合、肌トラブルなどに繋がってしまう可能性も高いです。
完了までに回数がかかる部位であることを理解し、無理のない範囲の出力で行ってもらいましょう。

全身脱毛のメリット・デメリット

医療脱毛だと痛みが怖かったり、値段が高っかたりなどの理由で気になる部分だけ治療する方も多くいらっしゃいます。ですが全身脱毛することで多くのメリットもございます。こちらに詳しくまとめておりますので、参考にしてください。

▶参考記事:全身脱毛のメリット・デメリット

通っても効果が出にくい時の対処法

回数の目安についてご紹介しましたが、回数的にみると終了間近であるものの期待していたような効果が得られないと悩んでいる方もいます。
そこで、効果が出にくいと感じている場合に試したい対処法について紹介します。

対処法1 脱毛中の毛抜きはNG

脱毛期間中、避けたいのが毛抜きを使った自己処理です。
毛抜きを使ってしまうと脱毛の効果が出にくくなるほか、肌トラブルにつながってしまう恐れがあります。
医療脱毛ではムダ毛に含まれている黒い色素をターゲットにしてダメージを与えるため、毛を抜いてしまうとレーザーは反応しません。

また、毛周期が乱れてしまいます。
毛は成長期、退行期、休止期を繰り返しているのですが、このうち最も減毛効果が得られるのは成長期です。
ですが、成長期のムダ毛を抜いてしまうと退行期をはさむことなく休止期に変わり、毛周期が乱れてしまいます。
効果的な施術ができなくなるので、注意しましょう。

更に、毛抜きをした際の刺激で毛穴が閉じてしまった場合、皮膚の中でムダ毛が成長する埋没毛につながる恐れもあります。
皮膚に埋まっているムダ毛に対しては効率よくレーザーで刺激を与えられないため、脱毛効果が低いです。
脱毛の施術を受ける前には自己処理をしなければなりません。
その際は電動シェーバーなど、できるだけ肌を傷つけることなく、毛根が残ったままの状態にできる方法が向いています。

対処法2 肌の日焼けと乾燥は避ける

日焼けしてしまった場合、肌全体が黒くなり、ムダ毛に対して集中的にアプローチできなくなってしまいます。
肌がかなり暗くなったようなケースでは肌への負担が大きくなるため施術自体できません。

また、乾燥している場合も肌への負担が大きくなるため、出力を下げて施術する必要があり、効果が小さくなってしまいます。
紫外線が強い時期はしっかりと日焼け対策をとり、そうでない時期でも肌が乾燥しないように注意しましょう。
普段から肌ケアに力を入れておくことにより、脱毛の効果も出やすくなります。

対処法3 毛周期のサイクルを考えて施術を受ける

前述したように、レーザーが効率よく反応するのは成長期の毛です。
そのため、ムダ毛が成長期に該当するタイミングで施術を受けましょう。

すべての毛が、同じ毛周期ではありません。
部位によって違いはありますが、一般的に全体の20%程度が成長期にあたります。

一度施術を行ったら、1~3ヶ月ほどあけて、次のグループが成長期になったタイミングで施術を受けることを繰り返していくと効果的です。
短期間で頻繁に通っても高い効果は得られないので、クリニックで最適なタイミングを相談し、それに合わせて施術を受けましょう。

何回くらいかかるかはクリニックで相談を

いかがでしたでしょうか?
今回は医療脱毛では何回くらい施術を受ければ期待している効果が得られるのかについて解説しました。
一般的な目安について紹介しましたが、一人ひとりの肌の状態やムダ毛の濃さなどによって最適な回数は異なります。

ヒロクリニックでは脱毛完了までに何回くらいかかりそうか事前に判断してお伝えしているので、まずはカウンセリングでご相談ください。