脇脱毛のメリットとは?施術前に知っておきたいデメリットと注意点
2022.05.23

脱毛を始めたいと考えている方に向けて、脇脱毛のメリット・デメリットとともに注意点を解説します。

脇脱毛とはその名の通り、脇毛を脱毛する施術のことです。
ただ施術を受けようと考えたときに、「何回くらいで効果が現れるのか」「どのようなメリット・デメリットがあるのか」と悩んでしまう方もいらっしゃるでしょう。
脱毛は一度受けてしまうとムダ毛がほとんど生えてこなくなりますし、料金も安いわけではないので悩む方が多いはずです。
そこで今回の記事では、脇脱毛のメリットとデメリットを解説します。

また、脇脱毛の施術を受けたいと考えているのであれば、知っておきたい注意点もご紹介していきます。
脱毛を受けるべきか悩んでいる方にとって、受けるべきか、脇脱毛をするべきか判断するための参考にしていただけるはずです。

脇脱毛とは

脇脱毛とは両脇の脇毛を処理する脱毛のことです。
脇は濃く太いムダ毛が生えやすい部位で、処理に手間取っているという方も多いでしょう。
脇脱毛をすれば脇毛が生えにくい状態にできるので、頻繁な自己処理は必要なくなります。
また自己処理による肌トラブルも防げるようになるため、全身の脱毛の中でも特に人気が高い部位です。

脇脱毛のメリット

それでは脇脱毛の施術を受けることには、どのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

1:自己処理の手間がなくなること

脇脱毛の施術を受けるメリットと言えば、自己処理の必要がなくなることです。
脱毛の施術を受ければほとんど脇毛が生えてこない状態になるため、自己処理をする必要がなくなります。
毎日もしくは数日おきにしていた自己処理がなくなれば、時間の節約になりますし、精神的な負担も軽減されるはずです。
自己処理を負担に感じていた方なら、脇脱毛に大きなメリットを感じるのではないでしょうか。

2:軽度のワキガが解消される可能性があること

脇脱毛をすることで、軽度のワキガが解消される可能性があることもメリットのひとつです。
ワキガでは汗を出すアポクリン腺から出された汗に含まれる脂肪酸が、皮膚の表面で常在菌により分解されることで臭いが発生します[1]。
つまり汗がいつまでも皮膚に残っていると、臭いが発生しやすくなると考えられるでしょう。
脇脱毛をして脇毛がなくなると、汗が乾きやすくなったり拭き取りやすくなったりします。
結果的に汗の分解が行われにくくなり、臭いが発生しにくくなる可能性があります。

3:脇の黒ずみが軽減されること

脇毛の自己処理で黒ずみが生じている場合、脇脱毛で黒ずみが軽減されることもあります。
肌の黒ずみは摩擦や刺激などによる色素沈着で起こりやすくなります。
脇への刺激といえば、洋服との擦れや自己処理による刺激が代表的です。
脱毛をしてムダ毛が生えなくなれば、自己処理の必要性がなくなり、刺激を与える原因がひとつ減ります。
そのため、脱毛をして肌の黒ずみが少なくなることも考えられるでしょう。

4:埋没毛・毛嚢炎のリスクがなくなる

埋没毛や毛嚢炎のリスクがなくなることも脇脱毛の大きなメリットです。
脇毛の自己処理をしていて、脇に黒いブツブツや炎症が現れるようになった方もいらっしゃるのではないでしょうか。
毛抜きや脱毛ワックスで自己処理をすると、肌の中にムダ毛が埋まり黒いブツブツが現れる埋没毛や、肌が荒れる毛嚢炎などが引き起こされることがあります。
肌の状態も、見た目も気になる肌トラブル。
脱毛をすれば自己処理の必要がなくなり、肌トラブルのリスクも軽減されるはずです。

脇脱毛のデメリット

脇脱毛のメリットについてご紹介しましたが、メリットだけではなくデメリットもあります。
脇脱毛の施術を検討する際には、デメリットも把握してから決断することが大切です。

1:脇の汗が多くなったように感じること

脇脱毛をすると、脇からの汗の量が多くなったと感じられるようになることがあります。
しかし脱毛により汗の量が増えることはないはずです。
汗の量が増えたと感じられる原因として、脇毛がなくなったことが考えられます。

脇毛は皮膚の上にある汗を吸収する役割を持ちます。
しかし脇毛がなくなると吸収するものがなくなり、汗の量が増えたと感じられるようになるかもしれません。
実際に増えているわけではないでしょうが、脇汗の量が増えたと感じられて気になる可能性があることが脇脱毛におけるデメリットです。

2:痛みがあること

脇脱毛の施術を受けるときに、痛みを感じることもデメリットです。
痛みは脱毛全般で感じられます。
しかし脇は皮膚が薄いため、他の部位よりも痛みを感じやすい傾向があるのです。
脱毛を行う以上は仕方がないことですが、施術を受ける際に痛みがあることを知っておいてください。

脇脱毛の痛みはどれくらい?

他の部位よりも強いとされる脇脱毛の痛みとは、「痛すぎる」とは感じられないものの「かなり痛い」と感じられる程度です。
一般的に脱毛の痛みは「輪ゴムで弾かれたような感覚」と言われます。
しかし脇脱毛は他の部位よりも痛みを感じやすいため、輪ゴムで弾かれるよりは痛いと言えるでしょう。

ただし脇脱毛で感じる痛みには個人差があります。
個人個人の痛みへの強さだけでなく、脇毛の濃さや太さによっても変わるものです。
そのため一概には言えませんが、我慢できないほどではないものの、輪ゴムで弾かれたときよりは強い痛みだと考えてください。

脇脱毛する際の注意点

人気の脇脱毛をしたいと考えている方に向けて、施術を受ける際の注意点をご紹介していきます。

1:施術前に電気シェーバーで自己処理をすること

脱毛の施術を受ける前には、電気シェーバーで自己処理をしておきましょう。
クリニックからも説明があるでしょうが、脇毛を処理しないと脱毛機の反応が強くなりすぎて、やけどをする危険性が高まります。
ただしカミソリは肌を痛めてしまい、毛抜きは毛根ごと抜いてしまうため施術前の自己処理法としては不適切です。
肌にダメージの少ない電気シェーバーを使い、丁寧に自己処理をしてください。

2:着ていく洋服を選ぶこと

脇脱毛の施術を受ける当日は、着ていく洋服を選ぶことも注意点となります。
おすすめなのは天然素材でゆったりとした、通気性の良い洋服です。
脱毛の施術後は肌がダメージを負っているので、肌に優しい天然素材の洋服をおすすめします。
体にフィットする洋服も肌への負担が大きいので、ゆったりとした肌に密着しないタイプの洋服を着ていきましょう。

脇脱毛と一緒に腕脱毛も

脇脱毛をして、ノースリーブや袖の短い洋服に挑戦してみようとお考えの方もいるのではないでしょうか?
せっかく腕を出すファッションをするなら、できる限り綺麗な腕でいたいですよね。
腕脱毛によって肌がスベスベになると、腕自体も美しく見えるようになります。
腕脱毛について紹介している記事もございますので、脇脱毛を検討している方はぜひ腕脱毛も一緒にご検討ください。

▶参考記事:腕脱毛とは?知っておくべきメリット・デメリット・注意点

脇脱毛とはメリットの多い脱毛!デメリット・注意点も把握してから施術を

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことで、脇脱毛とはどのようなメリット・デメリットがあるのか、注意点などがご理解いただけたと思います。
脇脱毛は痛みが強いとされるため、不安な方には低出力で痛みを感じにくい蓄熱式脱毛機がおすすめです。

[1]

参照:JSTAGE:(PDF)体臭発生機構の解析とその対処(2)

ヒロクリニックでは蓄熱式脱毛を用いた施術を行っているので、痛みに弱くて脱毛を悩んでいる方はぜひご相談ください。