あたまのかたち外来
2022.11.26

目次

小児脳神経外科医としての『想い』

どのような方が相談に来られるのですか?

そばにいる時間が一番多いお母さんからの相談が一番多いです。お子様の頭の形が綺麗でない、後頭部が平らな気がする、左右の耳の位置が違う、このような悩みをお持ちの方が相談に来られます。

「大きくなったら自然と治る」「片方ばかり向かせているからだ」「おもちゃを反対側に置いてみろ」などと言われて、苦労して頑張っても一向に良くならず、お悩みの方は少なくないと思います。

当院のあたまのかたち外来では、そんなお子さまの頭の形をきれいにしてあげることを目的としています。

あたまのかたち外来で大切にしていることを教えてください

まずしっかりお話を聞かせていただきます。私は長く小児脳神経外科に従事していますが、多くの方が「あたまのヘルメットは高額」「相談しづらい」など、診察自体へのハードルを非常に強く感じておられる方が少なくないことに驚きました。

相談や診察をきっかけに手術を勧められたり、ヘルメット装着が絶対必要になると思い込まれている方もかなりおられました。我々小児脳神経外科がもっと幅広く「正確」「適切」な情報を必要な方々にご提供できる機会や場所をもっとたくさん作る必要があることを長年診療に従事してきた経験から、誰よりも痛感しています。

また仕事と家庭・子育てを頑張っておられる方も多く、土日祝日や決まった時間でなければ受診できないという意見もよく聞かれます。

当院では『完全予約制』『土日祝日対応可能』です。どうしても日中~夕方での診察が困難な方であれば、夜間診察も対応可能です。お気軽にご相談下さい。

必ずヘルメット装着をしなければいけないのでしょうか?

まず念の為に手術が必要な稀な病気でないことを経験豊富な専門医がきちんと確認した後にヘルメット装着による治療を開始するかどうか相談させていただきます。装着が必須となるわけではありませんのでご安心下さい。一人ひとりの生活や環境に沿った提案をさせていただきます。

診察後の流れについて教えてください

ヘルメット装着治療の適応となった場合について説明します。まだ骨が柔らかい赤ちゃんに特殊なヘルメットを常時着用していただくことにより、徐々に理想的なあたまのかたちに近づけます。このヘルメットは個人個人の3Dデータをもとに、オーダーメイドで作成します。既製品ではなく、それぞれのお子様に合った理想的な頭の形を目標とします。
この治療はとても効果的ですが、頭の骨が硬くなってしまってからでは効果がありません。また、治療開始は早ければ早いほど治療効果は高いことが知られています。

あたまのかたちを矯正しないと発達に影響が出ると聞きました。詳しく教えてください。

これはとても大切なことですが、あたまのかたち外来の目的は、純粋にお子さんたちの「見た目」を変えることです。たとえ頭の形がいびつだからといって、それだけで知能に影響が出るとか、脳の発達に影響を与えるという心配はありません。また逆に、頭の形を治したから知能が良くなると言う科学的根拠は全くありません。

ですから、赤ちゃんの頭のかたちを治すのは、純粋に見た目を良くするためだと考えてください。

先生のあたまのかたちにかける想いを教えてください

こどもの見た目を良くすることにはどのような意義があるのでしょう。大人の美容整形と同じように考えて良いのでしょうか?私はこどものあたまのかたちは、とても大切に真剣に取り組むべき課題だと考えています。
大人以上に、こどもたちは、お互いの「見た目」を気にします。

未来あるこどもたちには、健やかなこころの成長で、十分な「自己肯定感」を育んでいただきたいものです。こどものあたまのかたちというものは、そのためにとても大切な要素の一つだと考えています。

PROFILE

綿谷崇史


綿谷 崇史(医師・医学博士、T&Tブレインサイエンス)

日本脳神経外科学会専門医

日本小児神経外科学会認定医

頭蓋底外科、脳腫瘍、小児脳神経外科が専門。トロントとボストンでトレーニングを受け、北米脳神経外科フェローシッププログラム3分野の卒業・認定。

よくある質問 Q&A

あたまの骨は数種類の骨の組み合わせだと聞きました。詳しく教えてください

乳児期の頭蓋(ずがい)は八個の骨格が脳や延髄を囲む円蓋(えんがい)を形成します。成人の場合、頭蓋の骨格はすべて縫合(ほうごう)と呼ばれるほぼ可動のない接合(せつごう)によってお互いが連結されていますが、乳児の場合は線維性縫合(せんいせいほうごう)は形成しますが、癒合(ゆごう)はしていません。この癒合が行われるのは生後およそ2歳から3歳頃です。

骨が癒合していないことで、急激な脳の成長に対応しています。脳の成長は胎児期から始まり、出生時の脳重量は約300gとなります。その後、生後6カ月で約2倍、2歳では約3倍になります。4歳から6歳で成人の脳重量(1,200〜1,500g)の約95%に近づくことが知られています。

頭蓋変形の定義を教えてください

広く使用されている『頭蓋変形』という言葉ですが、統一した定義は現時点ではありません。海外では「Baby misshapen head」という一般的な名称がありますが、そこに含まれる疾患群は様々です。

頭蓋変形は英語でなんというのでしょうか?

 頭蓋変形の種類によって名称が異なります。◎Positional skull deformity◎Positional head deformity◎Oblique head◎Plagiocephaly等、様々な名称で呼ばれています。Misshapen headという一般的な名称もよく使用されます。『頭蓋変形』の原因には様々な疾患群が含まれており、そのために名称も色々多用されているのが現状です。

頭蓋変形の頻度はどれぐらいなのですか?

乳児期の早期にはおおよそ40%前後の赤ちゃんに認められることが報告されていますが、頭蓋変形の統一した定義がないため、報告は論文により大きく異なっているのが現状です。

頭蓋変形が最近注目されてきたのには何か理由はありますか?

1992年にAAP(米国小児科学会)が「Back to Sleep(仰向け寝)」キャンペーンを大々的に行いました。これは乳児を仰臥位(supine position)で寝かせることで、社会問題になっていたSIDS(乳幼児突然死症候群)を減少させることが目的でした1)。このキャンペーンのおかげで、1992年から2000年にかけて死亡率の減少が得られましたが、その反面後頭部の扁平化が問題化してきたのです2)。位置的頭蓋変形は1992年以来4倍の発生率が報告されるようになりました。アメリカでは60人の赤ちゃんのうち1人に頭蓋変形が認められると報告されています。

1. American Academy of Pediatrics AAP Task Force on Infant Positioning and SIDS: Positioning and SIDS. Pediatrics 1992;89(6 Pt 1):1120-6.

2. Diagnosis and Management of Positional Head Deformity, Wendy S.Biggs, M.D.,University of Michigan Medical School, Ann Arbor, Michigan; American Family Physician, VOLUME 67, NUMBER 9 / MAY 1, 2003

仰向け(あおむけ)睡眠が推奨されているのはなぜですか?

SIDS(乳幼児突然死症候群)が社会問題化したことで、『うつぶせ寝』のリスクが広く知られるようになりました。その結果、『仰向け寝(あおむけね)』が推奨されていったという経緯があります。

頭蓋変形は月齢(げつれい)によってどのように変化していくのですか?

2017年のデータでは、頭蓋変形の頻度は月齢3ヶ月頃に最も高くなることが報告されています。適切な介入により頭蓋変形が減少している(Preventive counselling群)のが下の表から確認できます1)。定頸後に位置的頭蓋変形は改善傾向にあることがわかっています。

参考文献:1)DEFORMATIONAL PLAGIOCEPHALY: PREVALENCE, QUANTIFICATION AND PREVENTION OF ACQUIRED CRANIAL ASYMMETRY IN INFANTS, Henri Aarnivala, May 2017

頭蓋変形にはどのようなタイプがありますか?

頭蓋変形には斜頭症、短頭症及び長頭症などの分類があります。頻度が一番高いのは斜頭症です。図に示すように、位置的頭蓋変形が起こることで、同側の耳介が前方に移動、同側前頭部が突出、後頭部の扁平化などが認められるようになります1)

頭蓋変形を来す疾患として頭蓋縫合早期癒合症を鑑別することが大変重要です。頭蓋縫合早期癒合症は先天異常による変形であることから、位置的頭蓋変形とはまったく異なる疾患概念として考える必要があります。

参考文献:1)DEFORMATIONAL PLAGIOCEPHALY: PREVALENCE, QUANTIFICATION AND PREVENTION OF ACQUIRED CRANIAL ASYMMETRY IN INFANTS, Henri Aarnivala, May 2017

頭蓋変形を起こす原因を教えてください

まず出生前・出生後の原因に分けて考える必要があります。出生前リスクとしては◎胎位異常(骨盤位または横位)、多胎(双子、三つ子など)、子宮形態異常などがあります。赤ちゃんの頭部は非常に脆弱であり、分娩時の状態が大きく影響を及ぼします。いずれも子宮内の胎児に物理的外力がかかるため、出生時にすでに頭蓋変形を来たしていることが知られています。

出産後のリスクとしては、◎早産児、第一子、仰臥位、small-for-date児などが知られています。脳性麻痺・筋性斜頸などの運動障害を有している場合、頭部の屈曲・伸展・回旋障害のために頭蓋変形を認める頻度が高くなります。

早産児では頭蓋変形が起こりやすいと聞きました。本当でしょうか?

早産児は頭蓋変形のリスク要因であることがわかっています1)

参考文献:1) Littlefield TR, Kelly KM, Pomatto JK, Beals SP. Multiple-birth infants at higher risk for development of deformational plagiocephaly. Pediatrics 1999;103:565-9.

生まれる前に頭蓋変形のリスクとなるものにはどのようなものがありますか?

早産児(premature birth)、筋緊張低下症状(hypotonic muscle disorders)、先天性斜頸( congenital torticollis)、子宮内拘束(intrauterine constraint :多胎、羊水減少など)等が知られています1)

参考文献:1) Littlefield TR, Kelly KM, Pomatto JK, Beals SP. Multiple-birth infants at higher risk for development of deformational plagiocephaly. Pediatrics 1999;103:565-9.

インターネットを見ていると『大泉門(anterior fontanelle)』という言葉が出てきます。これはどのようなものですか?

前方に見える菱形状の骨の隙間が『大泉門(だいせんもん)』です。大泉門の大きさは、0~6 か月で5cm、6~9 か月で4cm、9~12 か月になると3cmとなり、概ね18 か月で閉鎖します(生後7ヶ月から15ヶ月)。頭蓋内圧亢進症などでは、大泉門の緊張が強くなり、その他の縫合線離開などが合併します。乳幼児健診では大泉門、小泉門、頭蓋骨縫合線の触診などが行われます。

頭蓋変形はどのように測定するのですか?

Cranial AsymmetryやCranial Vault Asymmetry Index、Cephalic Indexなどの指標が有名です。頭蓋変形の種類によって使用する指標(Index)が異なりますので、詳しくは専門外来でお尋ね下さい。

頭蓋早期癒合症と診断されました。どういう病気なのでしょうか?

頭蓋骨縫合早期癒合症とは頭蓋骨の縫合のいずれか、または複数が早期に癒合してしまう病気のことです。狭頭症(きょうとうしょう)と呼称されることもあります。1万人当たり4-10人が頭蓋骨早期癒合症を合併して生まれます。原因については詳しくわかっていませんが、子宮内拘束(intrauterine constraint)が要因の一つと考えられています1)。遺伝子異常も示唆されています。2022年にはオランダのグループの報告では、FUZZY遺伝子が頭蓋縫合早期癒合症の原因遺伝子として有力であるなどの報告があり、今後の研究が待たれます2)

早期癒合が頭蓋骨で起こることで、正常な脳の発育が阻害されます。そのため脳の圧迫、頭蓋骨の変形などの症状が生じてきます。どの縫合線が塞がるかによって、1)舟状頭(しゅうじょうとう)、尖状頭(せんじょうとう)や三角頭(さんかくとう)などの様々な頭の形が生じます。

1)一般社団法人 日本形成外科学会HPより
2)Barrell, W.B., Adel Al-Lami, H., Goos, J.A.C. et al. Identification of a novel variant of the ciliopathic gene FUZZY associated with craniosynostosis. Eur J Hum Genet 30, 282–290 (2022). https://doi.org/10.1038/s41431-021-00988-6

頭蓋変形のスクリーニングで重要なことを教えてください

1か月児健診において『頭蓋変形』が疑われることが最も大切なきっかけとなります。アタマのかたちに少しでも違和感を感じた場合はいつでも気軽にご相談ください。不安も大きいかと思いますが、専門医の診察・説明で安心される方もおられますので、どのようなことでも結構ですのでご相談ください。

『位置的頭蓋変形』と診断されました。『位置的』とはどういう意味なのでしょうか?

英語の直訳である『Positional skull demormity(位置的頭蓋変形)』に由来する言葉です。定頸前の赤ちゃんには体位変換や寝かせ方で位置的頭蓋変形は改善します。しかし、自分から頭部を自由に動かすことができるようになれば、そのようなこまめな体位変換やストレッチの効果は乏しくなります。「親がちゃんと目を配っていないから変形してしまう」という間違った解釈が生まれてしまう可能性がある『位置的』という言葉は、やや端的で誤解を招く言葉なのかもしれません。

『位置的斜頭』について教えてください

斜頭(しゃとう)は多くの場合、一方(片側性)の後頭部が平坦化・扁平化することで、反対側の前頭部の突出による菱形状を呈することが多い非対称性な頭蓋の状態を言います。頭蓋骨癒合を伴っていないことから、非骨癒合性斜頭症(ひこつゆごうせいしゃとう)と呼称されることもあります。

頭蓋変形の矯正治療は歴史的にいつから始まったのでしょうか?

1979年にClarrenらの報告では、1歳未満の非頭蓋骨癒合性頭蓋変形を有する乳児に対し、頭蓋矯正器具を用いて重症例も矯正可能であった症例を紹介しています1)。その後早期介入の必要性を示す論文が1988年以降報告が相次ぎ、頭蓋変形に対する早期介入の重要性が広く知られるようになりました。


1)S.K. Clarren et al. Helmet treatment for plagiocephaly and congenital muscular torticollis
J Pediatr (1979)

赤ちゃんに『斜頸(しゃけい)』があると言われました。ネットで『斜頸』は『位置的斜頭』の原因になるとありましたが、本当でしょうか?

どちらもそれぞれ原因と結果になり得ます。斜頸から位置的斜頭を生じることもありますし、位置的斜頭が斜頸を誘発することも知られています。

頭蓋変形を起こす様々な病気があると聞きました。代表的な疾患を教えてください

水頭症、頭蓋縫合早期癒合症、症候群性頭蓋骨縫合早期癒合症(クルーゾン症候群、アペール症候群、ファイファー症候群等)などが頭蓋変形を来す代表的な疾患です。

水頭症の原因としてクモ膜嚢胞、出産時の頭蓋内出血(上衣下出血・硬膜下血腫など)、髄膜炎に続発した髄液吸収異常、遺伝子異常・ホルモン異常などが挙げられます。

頭蓋変形矯正はいつから可能ですか? 適齢期はいつですか?

新生児期から生後2〜3ヶ月前後で中等度以上の変形率が存在する場合、重症化してしまうと自然矯正が起こる可能性は非常に低くなります。まずは早期に専門外来で相談いただくのが一番ですが、装用開始月齢(そうようかいしげつれい)は4ヶ月〜18ヶ月まで可能です。装具によっても異なりますので専門医の診察の上、装用時期を決定していきます。

頭蓋変形には「自然矯正」があると聞きました。そのままで直ることもあるのでしょうか?

位置的斜頭の場合、重症度の分類をまず確認します。軽度〜中等度であれば自然矯正がある程度期待できますが、重度〜超重度の場合であれば自然矯正は極めて困難です。ヘルメット矯正療法の適応について月齢も踏まえ、専門医と相談することが重要です。

医師の診察では実際にどのようなことを行うのでしょうか。赤ちゃんが痛がったり不快になるのではないか心配です

あたまのかたち専門外来は経験豊富な小児脳神経外科医が担当しています。赤ちゃんが不安にならないように家族同席の上で、診察・診断を行っていきます。頭蓋のカタチをしっかり観察できるように伸縮性に優れた医療用のネットを被ってもらう場合があります。

主な観察項目は①大泉門・小泉門の開存率、②耳の位置、③前頭部突出の程度、④下顎変位、などです。

その他、出生時体重や妊娠中のイベント、頭囲の変化などを問診しますので、必ず『母子健康手帳』を診察時に持参して下さい。

受診へのハードルがやはり高く感じ、仕事と育児の両立で忙しくて平日に受診できません

当院三鷹ヒロクリニックでは、『土日・祝日』『完全予約制』となっています。お時間の都合よい時に来ていただければ大丈夫です。多くの方が『受診』イコール『ヘルメット装着』と考えられている方も非常に多いかと思いますが、相談だけで来られる方も多数おられます。「あたまのかたち、大丈夫かな」という不安を専門医の先生にそのままお話いただければ良いので、安心して親子で受診してください。

診察料

初回のみ15,000円(税込)を頂いております。

また、ヘルメット作成後のアフターフォローとして、ヘルメット装着開始日から1ヶ月後、2か月後、3か月後の診察を推奨致します。

ご予約はこちらから