• 将来のために
  • 家族のために
  • 自分のために

介護脱毛は早めの準備が大切?
メリットとデメリットを紹介

介護脱毛は早めの対策がコツ

最近ニュースでよく聞くようになった「介護脱毛」。これは自分が介護される側に回ったときに介護者の負担・自身の清潔を保つためにVIOなどをメインに脱毛を行うことを指します。家族への負担、あるいは介護ヘルパーの負担を考慮し、元気なときに脱毛を行っておくという自分の将来を見据えた準備・思いやりなどが「介護脱毛」の根本にあると言えます。

介護脱毛のメリット

介護する側のメリット

  • 1.
    肌の状態確認がスムーズ
  • 2.
    便などの付着物ふき取り手間が軽減
  • 3.
    ケア時間の短縮
  • 4.
    感染症の可能性が減少

介護される側のメリット

  • 1.
    臭いや皮膚トラブルの軽減
  • 2.
    ケア時間短縮に伴うストレス減少
  • 3.
    羞恥心の軽減
  • 4.
    家族への負担の軽減

介護脱毛では
どこまで脱毛すればいい?
デザイン脱毛?全てなくす?

介護脱毛をする上で悩ましいことの1つに、毛をすべてなくすのか・少し残した方がいいのかという問題があります。
毛をすべてなくすのは衛生的であり、介護をする上でも手間がかかりません。

ただし毛がまったくないことを不自然に思う人は多いものですし、VIOの毛すべてをなくすことに抵抗感のある人は少なからず存在します。VIOに毛がまったくない人は珍しいので、温泉などで注目されることもあります。
この場合、IラインとOラインはすっきり脱毛し、Vラインについては薄く毛を残すという選択肢があります。
Vラインに毛が少し残っている程度であれば、ケアの際に邪魔になることはほとんどありません。

クリニックやサロンでは、Vラインの毛の範囲を狭くした上で、毛量を減らすように脱毛をおこなえます。

このほかIラインをすべて脱毛した結果、正面から見た時に大事な部分が目立ってしまうというケースもあるので、気になる場合はVラインからIラインにかけて自然に見えるように脱毛するのも一手です。

介護脱毛の際に誰もが直面する悩みに「どこまで脱毛をするか」というのがあるのではないかと思います。
毛を全てなくすほうがすっきりしててわかりやすい、と思う方がおられる一方、「やっぱり一部は残したい」という方がおられるのも当然かと思います。

特に心配されるのが、友達と一緒に温泉に行ったときに毛がまったくないのは逆に恥ずかしいという方もおられるかと思います。そういう方には「デザイン脱毛」をおすすめいたします。

白髪がありますが、
介護脱毛できますか?

結論から言えば、白髪に対して医療レーザー脱毛は効果がほとんど期待できません。というのも、レーザーのエネルギーを吸収するメラニン色素がなくなった状態が「白髪(しらが)」です。白髪に置き換わってしまうとレーザー脱毛ができませんので、お早めにご相談下さい。