医療脱毛を始めるきっかけと
注意事項

40代・50代で医療脱毛を始める・再開することに躊躇する方は少なくなりません。
子供が成長し時間的にも経済的にも少しずつ自分の時間が取れるようになってくる年齢でもあります。

最近では、10代の娘様と一緒に脱毛を始められることも多く、親子で来院される方も増えてきています。
ニュースでは「介護脱毛」という言葉も広く取り上げるようになってきています。
この年代ではVIO脱毛を希望されることが多いのが特徴です。

  • 10年以上前に永久脱毛を受けたが、少し生えてきているところがある。
    全身脱毛までは要らないが、必要な部分だけやりたい。
  • 今までしたことがないので、若い人と一緒の場所でやっていくことに不安を感じる。
  • VIOに2,3本だけ生えてきている。誰にも知られずに、ここだけやりたい。

40代で脱毛をはじめようと考えている方には、長期減耗が期待できる医療脱毛がおすすめです。
頻回に通う必要もなく、脱毛サロンよりもより効果的に脱毛を行うことが可能です。

医療脱毛は20代や30代の方が受ける印象が強いと思われるかもしれませんが、40代・50代の方が当院で施術を受けられることも多いです。

40代・50代が医療レーザー脱毛を
始めるきっかけ

  • お金に少し余裕ができた
    1

    お金に少し余裕ができた

  • 子供が自立し、自分の時間が増えた
    2

    子供が自立し、自分の時間が増えた

  • 美容・お肌ケアへの意識が高い
    3

    美容・お肌ケアへの意識が高い

  • 自分で処理をする時間がもったいない・処理のたびに皮膚への負担が気になる
    4

    自分で処理をする時間がもったいない・処理のたびに皮膚への負担が気になる

  • 白髪になってレーザー脱毛ができなくなる前にやっておきたい
    5

    白髪になってレーザー脱毛ができなくなる前にやっておきたい

  • 将来に備えて、介護脱毛を考えている
    6

    将来に備えて、介護脱毛を考えている

介護脱毛については最近メディアでも多く取り上げられてきています。将来的に自分が介護を必要としたときのことを考え、介護負担を減らすために医療脱毛を行うことをいいます。

ここで行われる医療脱毛は主にVIOの脱毛であり、アンダーヘアがなくなることでご自身のデリケートゾーンを介護が必要になったとしても清潔に保ち続けることが可能となります。
また、VIO脱毛が年代を問わず注目されている理由として、月経時のトラブルを少なくすることができるというメリットがあります。

いずれも医療脱毛が効果的でありオススメできる脱毛方法です。
医療脱毛は医療機関においてのみ施術可能です。
医療脱毛は40代以上のミドル世代にもおすすめの脱毛方法ではありますが、医療脱毛を初めて行う方には、事前に知っておくべき注意事項がいくつかありますのでご紹介させていただきます。

医療脱毛は1回では終わりません

医療脱毛を初めて行う方であれば、一度の医療脱毛できれいに全ての脱毛が終了するというイメージをお持ちの方もおられるかもしれません。残念ながら医療脱毛は複数回・効果的な時期をおいて行う必要があります。

毛には「毛周期」というものがあり、時期によって
①成長前期、②成長期、③退行期、④休止期に分けることができます。
脱毛完了までの回数や期間には個人差がありますが、毛周期に合わせた施術期間が必要となります。

毛抜きによる自己処理は
控えて下さい

医療脱毛を始めるにあたって、自己処理により毛抜きは行わないようにして下さい。
毛抜による自己処理をしてしまうと毛根にあるメラニン色素も同時になくなってしまい、医療脱毛レーザーが反応する部位がなくなってしまい効果が出ません。
医療脱毛を行うのであれば、肌への普段が比較的少ない電気シェーバーを使用した自己処理を行うことをおすすめします。

部分脱毛か全身脱毛が良いか、
クリニックでお気軽に
ご相談下さい。

医療脱毛クリニックには、全身脱毛プランのほかに、気になる部位だけを脱毛する部分脱毛プランがあります。

料金だけ見ると、部分脱毛に比べて全身脱毛の方が高いと感じるかもしれません。しかし、部分脱毛をはじめてから「やっぱり全身脱毛がしたくなった」と思う方も多く、その場合、部分脱毛のプランを追加で増やしていくと、結果的に全身脱毛よりも高額の料金を支払うことになるのです。

せっかく医療脱毛を行うのであれば、最初から全身脱毛を選ぶことをおすすめします。

全身脱毛が終わってしばらくしてから(10年前後など)休止期の毛根が成長期に入ることがあります。部分にかかわらずお気軽に当クリニックにご相談下さい。